接触性脱毛症(かぶれ)のお話し

私達は日常的に多くの化学物質に接触しております。しかし、ある日、突然、痒みや痛みに襲われたり、皮膚が赤くなったり、炎症を招く事も珍しくありません。
それではなぜ、かぶれは発生するのでしょうか。
それは、化学物質が皮膚に合ったり、馴染んだりする事がないからです。しかし、私達の皮膚には、それぞれの化学物質を受け入れる許容量という生体機能が備わっております。言うならば、皮膚には、それぞれの化学物質を入れる容器があると考えても良いかもしれません。この容器がいっぱいになると、化学物質から皮膚を守るため、防衛反応が発生します。これがアレルギー発生のメカニズムです。

それでは下記の表を用いて、あなたの許容量の状態をご自身で自己診断して下さい。

パーマやヘアカラーで、次のような不快感を感じることがありますか。
(1)頭皮に痒みや痛みを感じることがある。(毒性反応)
(2)頭皮以外の場所にも痒みや痛みを感じることがある。(アナフィラキシー)
(3)普段痒かった場所の痒みが止まることがある。(細菌感染症・白髪の増加)
(4)異常な発汗を感じることがある。(アナフィラキシー)《極めて危険な状態》
(5)頭痛や吐き気を感じることがある。(アナフィラキシー)《極めて危険な状態》
(6)異常にフケが出ることがある。(接触性皮膚炎)《鱗状の皮膚の剥離》
(7)異常に抜け毛が増えることがある。(接触性皮膚炎)
《枕や床に脱毛が目立つ状態》
(8)顔が赤くなったり、吹き出物が出ることがある。(自己免疫疾患)
《慢性的な場合極めて危険》

今、激増するアレルギーの恐怖

人類の祖先であるホモサピエンス(知的な人間)が地球上に誕生した500万年前(!?)より、人類は※外界刺激物から皮膚を守る保護能力を進化させました。
しかし、近年、私達の周辺には数多くの化学物質や合成品、重金属などが溢れ、外界刺激物として大きな影響を及ぼすに至りました。しかし、皮膚にはこれらの異物に対処する能力は無く、長い進化で得た保護システムで対処しております。それが限界に達した時、アレルギーと言う極めて厄介な現象が現れます。
それでは具体的にアレルギーのメカニズムを簡単に申し上げましょう。

●アレルギーは大きく分けて3つのカテゴリー(種別)に分類できます。

1.毒性反応
皮膚に許容量を超える有害物質が接触した場合、表皮層の好塩基球が破裂し、細胞障害物質(a.ヒスタミンb.ヘパリン)を分泌させます。結果、痒み、痛み、発赤、湿疹、炎症などを局所的に発生させ、危険信号を発信します。

2.アナフィラキシー
皮膚に許容量を超える有害物質が接触した場合、真皮層の肥満細胞が破裂し、細胞障害物質(a.ヒスタミンb.ヘパリン)を分泌させます。結果、痒み、痛み、発赤、湿疹、炎症などを全身に発生させ、危険信号を発信します。

3.自己免疫疾患
皮膚に許容量を超える有害物質が接触した場合、表皮層の好中球が異常活性を起こし、細胞障害物質(a.活性酸素b.たん白質分解酵素)を分泌させます。具体的には、敵、味方の区別無く、皮膚に接触する多くの物質や※外界刺激物を攻撃する過剰防衛反応の出現です。結果、痒み、痛み、発赤、湿疹、炎症などを広範囲に発生させます。

外界刺激物<A.機械的刺激〔圧迫、摩擦〕、B.物理的刺激〔紫外線、風、乾燥、低温、高温〕、C.生物的起因物質〔カビ、細菌、ウィルス、毒性植物、動物毒〕>

●お顔の細菌感染症とかぶれの危険性

症状 原因
尋常性痤瘡(ニキビ) 痤瘡桿菌・表皮ブドウ球菌
膿疱性痤瘡(吹き出物) 黄色ブドウ球菌・化膿連鎖球菌
播種状粟粒性狼瘡(粟状の吹き出物) 黄色ブドウ球菌・化膿連鎖球菌
集簇痤瘡(悪性のニキビ) 黄色ブドウ球菌・化膿連鎖球菌
毛のう虫痤瘡(悪性のニキビの塊) ニキビダニ・黄色ブドウ球菌

●接触性脱毛症(かぶれ)の特徴

ある日突然、大量に抜け落ちる脱毛をいいます。 具体的には、枕、布団、床やブラッシング、シャンプー時に大量の脱毛が目立ち始める特徴があります。
接触性脱毛症には幾つかのシグナル現象があります。具体的には

(1) 痒み、痛み
(2) 紅斑(血管の透過性の向上による血液の流出)
(3) 丘疹(皮膚の盛り上り)
(4) 小水疱(水ぶくれ)

このような現象が最初に現れます。その後

(5) 膿疱(膿の分泌)
(6) 湿潤(組織液の分泌)
(7) 痂皮(かさぶた)
(8) 鱗屑(ウロコ状の皮膚の剥離)
(9) 苔癬(角化症)

上記の現象を呈し、短い期間(1ヶ月程度)に大量の成毛と産毛が同時に抜け落ちます。
頭皮に産毛がなくなる為、頭皮は肌色を呈し、指で触ってもざらざら感を感じなくなります。
接触性脱毛症を発生させた場合、可能な限りカラーリングやパーマの施術を避けていただくことをお勧めいたします。
最近の傾向として頭皮が細菌感染症、具体的には慢性的な発赤や湿疹などを起こしている方がわずかな刺激でもかぶれを招き、接触性脱毛症を起こす例が少なくありません。 総合的な頭皮、頭髪の管理が必要になっていると考えます。

PAGE TOP