血管萎縮脱毛症のお話し

血管萎縮脱毛症は、血管の萎縮によって発生する脱毛です。
具体的には、多くの化学物質の特徴である毒性・刺激性・異物性などによって発生する休止期脱毛症です。
同時に、薬の乱用・生活の不摂生、更年期・老化・不潔・病気・生理不順・妊娠・出産・アレルギー・肝臓疾患・季節の変わり目など多くの理由によっても発生します。
具体的には、血流を阻害させるため、白血球やリンパ球の働きが低下し、カビ・細菌・ウィルスに 対する抵抗力を失い、脱毛や多くの皮膚疾患を発生させております。
同時に、血管萎縮は、赤血球や血漿の働きをも低下させるため、 頭皮・頭髪の生命活動を著しく抑制させております。
特に、毛髪に与える影響は大きく、脱毛の大きな原因になっております。

血管萎縮によって発生する頭皮・頭髪のトラブル

白血球、リンパ球の働きの低下
(1)痒み・痛みの発生
(2)発赤の発生
(3)湿疹の発生
(4)フケの発生(粒子の細かいフケ)
(5)色素斑の発生
(6)皮膚炎の発生
(7)脂漏性湿疹の発生
赤血球、血漿の働きの低下
(1)毛が細くなる(脱毛)
(2)損傷毛の発生(多孔性毛、エステル化)
(3)赤毛の発生
(4)白髪の発生
(5)ウェーブ力(パーマ)の低下
(6)ウェーブ(パーマ)の持続力の低下
(7)波状毛の発生
(8)ヘアダイの色むら、退色
(9)縮毛の悪化
(10)断毛、裂毛の発生

以上のように血管萎縮は、多くの皮膚疾患と毛髪異常を発生させます。

PAGE TOP