アホ毛が気になる!なぜアホ毛ができるの?その原因と対処法を徹底解説!

アホ毛が気になる!なぜアホ毛ができるの?その原因と対処法を徹底解説!

 

生えかけの髪の毛は頭頂部でぴょんと出てしまうことが多く、どうにかしたいと考えてしまいますね。うねって生えてしまった髪の毛や、傷んで切れてしまった髪の毛がアホ毛になってしまうでしょう。ここではアホ毛をなくす方法についてまとめてみました。

 

1.アホ毛とは?

アホ毛とは頭頂部の毛が一部だけぴょこんと立ち上がってしまう現象です。アニメや漫画であればアホ毛はかわいく見えるかもしれませんが、実際にあるとだらしない印象を与えてしまいますし、きれいにケアしていないと見られることもあるでしょう。
アホ毛は髪の表面の短い毛が立ってしまうために起こります。またうねりが出ている短い毛もアホ毛といわれるでしょう。短い毛はまとまりにくいため、パサついて見えてしまうことも。
つまりアホ毛には

生えかけている短い髪の毛

傷んで切れてしまった髪の毛

うねって生えてしまった髪の毛

の3種類があります。

 

2.アホ毛の原因とは?

アホ毛ができる原因はいくつかあります。それぞれまとめてみましょう。

・髪、頭皮の乾燥

髪や頭皮が乾燥して、水分がなくなると、静電気が起きやすくなって短い毛が立ち上がってしまいます。

・頭皮の老化

加齢とともに頭皮は弾力を失い、髪の毛がうねるようになります。うねった毛がアホ毛になることが多いのです。

・毛穴の皮脂つまり

毛穴汚れや皮脂詰まりは、毛根を押しつぶしてしまうので、毛根がつぶれてしまうとうねった毛が生えやすくなってしまいます。

・髪のダメージ

カラーやパーマを繰り返していると髪はダメージを受けます。ダメージを受けた髪の毛はキューティクルがはがれてしまい、髪の毛の表面が毛羽立ち、アホ毛が立ちやすくなってしまうのです。

 

3.アホ毛ができないようにするためには?

アホ毛ができないようにするためには、その原因を改善すればOKです。頭皮や髪の乾燥を防ぐために、トリートメントなどを使ってしっかりと保湿ケアするようにしましょう。
また頭皮の毛穴つまりもアホ毛の原因となるので、皮脂や汚れを取り除くオイルケアもおすすめ。髪のダメージもよくないので、キューティクルを補修して、髪の毛の傷みを改善していきます。

 

4.まとめ

アホ毛を改善するためには、髪のケアが重要です。特に保湿ケアは大切で、トリートメントによる保湿ケアを積極的に行うことが重要となります。
髪の保湿ケアがしっかりとできれば、アホ毛も立ちませんし、髪全体もしなやかでハリのある美しい状態になるでしょう。特に保湿ケアは大切で、当サロンでもトリートメントによる保湿ケアを積極的に行っています。アホ毛が気になる方は、ぜひ当サロンのトリートメントを検討してみてください。

 

 

 

 

関連記事

PAGE TOP