白髪染めとパーマは同時にできるのか

白髪染めとパーマは同時にできるのか

 

白髪染めとパーマを同時にすると、髪が傷んでしまう恐れがあります。一度ダメージを受けた髪を修復することは大変なことですので、白髪染めやパーマをする前後に正しいケアをすることが重要です。ここでは、白髪染めとパーマが髪にダメージを与える理由と、同時に行う時のダメージ対策を紹介します。

 

1.白髪染めでダメージを受ける理由

 

アルカリ性カラー剤と呼ばれる白髪染めは、染色する際に髪のキューティクルを浮かせて色を浸透させており、この工程が髪にダメージを与えます。白髪染めに限らずカラーリングを繰り返していると、コルテックスからたんぱく質や水分が流れ出てしまい、髪が細く傷んだ状態になります。頭皮にダメージを受けることで毛穴にも影響がありますので、カラーリングの前後でダメージケアをすることが大切です。

 

2.パーマでダメージを受ける理由

 

パーマは、まっすぐに結合している髪の毛の成分(SS結合またはシスチン架橋と呼ばれる)を一度バラバラに切り離し、再度接着させるという技法です。この化学変化を起こすことで、髪の毛を人工的に歪んでつなぎ合わせることができます。この工程で髪にダメージを与えるため正しいケアをしないとパサつきの原因になりますが、トリートメントやスタイリング剤などで保湿することである程度パサパサ感を抑えることはできます。

 

3.白髪染めとパーマを同時にすることで起こるダメージ

 

前述したとおり、カラーリングによるキューティクルのダメージと、パーマによる髪の成分を切断・接着によるダメージがあるため、白髪染めとパーマを同時にすることは、髪トラブルや頭皮ダメージを受けやすいです。髪のダメージが大きいと色落ちや変色、パサつきの原因になりますし、頭皮のダメージが大きいと薄毛やくせ毛の原因になります。

 

4.オゾンパーマと良草カラーを同時に行い、施術前より美髪へ

 

白髪染めとパーマを同時にする場合は、施術前後のケアにどれだけ重点を置くかで髪や頭皮のダメージが変わります。オゾンパーマは7種類のトリートメントを使用し、髪に必要な水分と栄養分を補いながら、キューティクルを補修しパーマをかけるため、美しく健康的な髪となります。また、オゾンの力でパーマ独特の嫌な臭いを分解でき、さらに殺菌作用もあるため、頭皮の炎症を予防できます。良草カラーやオゾントリートメントと組み合わせることで、髪の状態が施術前よりも良くなることが特徴です。カラーと同時施術をすることで、大幅な時間短縮ができるため、忙しい方にもオススメです。

 

関連記事

PAGE TOP