髪の艶を取り戻すには!?髪の乾燥防止がポイント

髪の艶を取り戻すには!?髪の乾燥防止がポイント

 

何をしても髪に艶が出ないと悩んでいる方は多いです。もしかしたら、艶が出ない原因は日常的に行っているヘアケアに問題があるかもしれません。

ここでは、髪の悩みに多い「艶がない」の原因と対策について紹介します。

 

1.髪に艶がない原因

 

髪の艶がない最大の原因は髪の乾燥です。髪の毛の水分が必要以上に失ってしまい、乾燥することで、髪の艶を失っています。髪の艶を取り戻すためには、まず髪が乾燥する原因を見つけることが大切です。

 

2.髪の艶を出すためには

 

髪の艶を出すためにできることや注意点を紹介します。

 

2.1髪の艶の正体

髪の艶の正体をご存知でしょうか。髪の艶は、光が髪の毛に当たることで起こる「光の反射」によって生み出されます。髪がストレートで傷んでいないと、光の反射が一定の角度できれいに起こり、髪に艶が生まれます。くせ毛だったり傷んでいたりすると、光の反射がきれいに起こらないため、髪に艶が失くなってしまいます。

 

2.2地肌環境を整えて健康的な髪を作る

ところで、頭皮の地肌環境は整っていますか?健康的で艶のある髪を作るには、地肌の環境が大きく影響します。地肌に余分な皮脂汚れが残っていたり、洗いすぎて乾燥していたりする場合、頭皮の毛穴が歪むこともあり、癖のない健康的な髪を作ることが難しいです。まずは、地肌を健康的に保つよう意識しましょう。

 

2.3.入浴後の髪の乾かし方も重要

「ドライヤーを使用すると髪が傷むから」と、お風呂上りに髪を自然乾燥していませんか?髪の自然乾燥は、表面の水分だけでなく髪の毛の中の水分まで失ってしまうため、髪がパサパサになる原因の1つです。なるべく髪のダメージを抑えて乾かすには、タオルドライがポイントです。まずは、髪を擦らないようにタオルドライを行い、余分な水分を取り除きます。その後、ドライヤーを使い短時間で乾かすことで、髪のダメージを最小限に抑えることができます。

 

3.艶がない髪のホームケアに限界を感じたら

 

自宅でのホームケアでは、どうしても髪に艶が出ないと場合は、プロにお任せすることも一つの方法です。髪質に合ったトリートメントやダメージの少ないカラーリングなどで、髪をケアすることができます。ヘアエステやオゾントリートメントは、自宅での洗髪では落としきれない髪と頭皮の汚れを洗い流し、頭皮環境を整えます。優れた殺菌効果で頭皮の炎症を防ぐことができ、同時にキューティクルを閉じるためトリートメント効果が持続します。敏感肌でトリートメントができない方にもオススメの方法です。

 

 

 

関連記事

PAGE TOP