髪の乾燥やパサつきの原因と改善方法を紹介

髪の乾燥やパサつきの原因と改善方法を紹介

 

髪の悩みとして多い「乾燥」や「パサつき」。空気が乾燥する季節になると、髪がパサパサに乾燥してブラシでとかすと静電気が起こることもありますね。ここでは、髪の乾燥やパサつきの原因と改善方法を紹介します。

 

1.髪のパサつき、乾燥の原因は?

 

最大の原因は髪の毛の内部が水分不足になっていることです。パーマやカラーリングを繰り返したり、界面活性剤が多く含まれている安いシャンプーを使っていたりすると、髪が傷み水分不足を起こしやすいです。紫外線が髪にあたり乾燥や日焼けをすることで、ダメージを与えますので、一年を通して髪の紫外線対策をすることが大切です。また、普段の洗髪で、シャンプーやコンディショナーがしっかりと洗い流されていないと地肌トラブルが起こり、髪の乾燥の原因となります。

 

2.髪のパサつき、乾燥を防ぐホームケア

 

健康的な美髪を保つためには、地肌のケアが欠かせません。頭皮にフケやかゆみはありませんか?そもそも頭皮にトラブルがあると美しい髪を作ることは難しいです。

 

まずは頭皮ケアを意識し、健康な髪を育てる準備をしましょう。そのためにも毎日のシャンプーはとても重要です。頭皮のマッサージをすることで血行促進をうながし、髪に栄養が届きやすい環境を整えます。同時に頭皮の余分な皮脂汚れを落とすようにしましょう。頭皮を清潔にしようと1日に何度も洗髪することは、頭皮の乾燥の元となります。洗髪は1日1回程度に抑え保湿を心がけましょう。

 

また、カラーリングやドライヤーなどを繰り返すことで、髪のパサつきが起こる原因となります。カラーリングはキューティクルを浮かせて染毛しているため髪がパサつきやすく、またドライヤーやアイロンは強い熱を持続的に当てるため、髪がカサカサに乾燥しやすくなります。

 

  • カラーリング前後はトリートメントをしっかり行うこと
  • タオルドライを入念に行うことで、ドライヤーの使用時間を短時間に抑えること

などが、髪を乾燥から守るために大切なことです。

 

3.髪のパサつきや乾燥がホームケアでは改善しない時は

 

乾燥した髪はパサパサして静電気が起こることもあります。ツヤやハリ、コシのある理想的な美髪を保つためには、適切なケアをしなければなりません。ホームケアだけでは髪のパサつきや乾燥を防げないと髪の悩みがある場合は、プロの力を借りる必要があります。ヘアエステやオゾントリートメントは、普段のシャンプーでは落としきれない髪と頭皮の汚れを洗い流し、頭皮環境をリセットします。頭皮の炎症を防ぐことができ、カラーやパーマの効果を持続する作用もありますので、髪のパサつきや乾燥で悩んでいる方にはオススメです。そして、毎日使用するシャンプー、トリートメントも大切で、何を使うかで頭皮、髪の乾燥も防げますし、頭皮環境を整えることが可能です。

 

関連記事

PAGE TOP