酵素縮毛矯正で失敗してしまった!どうしたら元の髪の毛に戻る?

  • 酵素縮毛矯正で失敗してしまった!どうしたら元の髪の毛に戻る?

 

髪がうねる、はねる、膨らむ、まとまらない……このような髪の悩みを抱えている人は多いでしょう。毎日ヘアスタイルをセットするのに何分もかかり、湿気で髪の状態が変化してしまうと悩んでいる方はいませんか?そんな髪の悩みを解決してくれるのが「縮毛矯正」です。ここでは酵素縮毛矯正についてまとめてみましょう。

 

1.酵素縮毛矯正とは?

酵素縮毛矯正とは、化学薬品での縮毛矯正に限界を感じている方におすすめで、酵素を使った縮毛矯正になります。酵素縮毛矯正をすることで、水や汗の影響で髪が爆発してしまうことを防ぎ、損傷毛の修復や毛形の歪の矯正にも効果を発揮してくれます 。また月に何度もでもかけられるストレートなので髪への負担が少ないでしょう。
酵素縮毛矯正は水の影響を受けず手ぐしで形が整う髪質になれるので、これまでの縮毛矯正とは違い、髪に動きが出せない、同じ髪型しかできない、トップがつぶれてしまう……という人にぴったりです。ただ、酵素縮毛矯正の欠点としては、ストレートが効いている部分には天然成分を入れることはできません。

 

2.酵素縮毛矯正の失敗例とは?

酵素縮毛矯正で失敗する例としては、

うねる失敗例

まっすぐになりすぎる失敗例

ビビり毛ができる失敗例

酵素縮毛矯正で髪の毛がうねってしまうのは、薬剤の浸透不足で起こります。髪質やダメージを美容師がきちんと見極めずにミスをすると薬の選定や量を失敗してしまい、うねりが生じてしまうでしょう。最も多いのは、1液塗布の軟化が浸透していないケースです。まっすぐになりすぎてしまう酵素縮毛矯正の失敗例は髪の毛につけた薬が強すぎた場合に起こります。
薬の選定ミスの他には、塗り終わった時間が長すぎるなど、塗布時間も影響します。塗布時間が長いと真髪の毛はまっすぐになりすぎるでしょう。ビビり毛とは髪の毛全体がチリチリになってしまうことです。酵素縮毛矯正でビビり毛になってしまうのは、薬を浸透しすぎてしまって髪の毛が傷んでしまうことが原因で起こります。

 

3.酵素縮毛矯正+トリートメントでしなやかな髪を手に入れよう

酵素縮毛矯正はトリートメントなどのホームケアと一緒に行うことで、新しく生えてくる髪に対してもアプローチすることができます。これまでであれば、生えた髪が4~5センチになるとうねりが気になり、すぐに縮毛矯正をかけていたという人でも、トリートメントを定期的に行うことで1年に1度の酵素縮毛矯正で髪をケアできる場合もあります。
縮毛矯正はどうしても髪に大きな負担をかけてしまいますので、トリートメントでカバーできるのであればそれに越したことはないでしょう。

 

4.まとめ

髪のうねり、はね、ふくらみ、ビビり毛、チリチリ、ぱさぱさなどのつらいお悩みをすべて解決してくれるのが、酵素縮毛矯正です。これまでの化学薬品を使った縮毛矯正の場合、ムラができたり、技術不足によって髪の傷みがひどかったり、乾燥が悪化したりすることがありました。
しかし酵素縮毛矯正できれいに生まれかわるでしょう。髪のごわつき、ボリューム、癖で悩んでいる方はぜひ当サロンで酵素縮毛矯正を試してみてください。

 

 

 

 

関連記事

PAGE TOP