頭皮が赤いのは危険信号?トラブルの原因とすぐに出来る対策・改善方法とは?

頭皮が赤いのは危険信号?トラブルの原因とすぐに出来る対策・改善方法とは?

 

頭皮に赤くなってなんだかヒリヒリしたり、かゆみが出たりした症状を経験したことがある人も多いでしょう。頭皮が赤いのは、頭皮の炎症など頭皮トラブルが起こっている証拠です。頭皮の健康は抜け毛や薄毛予防には欠かせません。
ここでは頭皮の赤身の原因や、すぐにできる対策や改善方法についてまとめてみました。

 

1.頭皮が赤くなる理由は?

 

頭皮が赤くなる理由は、ずばり「炎症を起こしているから」です。炎症が起こる理由として多いのが

脂漏性皮膚炎

シャンプー成分が頭皮に合っていない、洗い残しがある

ストレス

です。

それぞれまとめてみましょう。

 

・脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎は皮脂が過剰に分泌してしまう頭皮の皮膚炎のことで、かゆみやふけ、湿疹などの症状が現れます。また脂漏性皮膚炎になり、頭皮が赤くなり、炎症状態になります。また匂いがきつくなることもあるでしょう。

 

・シャンプー成分が頭皮に合っていない

シャンプーによっても、頭皮の状態は悪くなり、赤く炎症を起こす場合があります。シャンプーに含まれる成分は、それぞれの製品によって違いますが、シリコン系の成分やアウリル酸などの強い洗浄成分が入っている場合、人によっては頭皮に合わないこともあります。またシャンプーの流し残しがあると、シャンプー成分と皮脂や汗などが混ざって、頭皮がべたついたり、よごれたり、地肌に赤みがでることも。
シャンプーの洗い残しには十分注意したいですね。

 

・ストレス

ストレスによって頭皮が赤くなるケースもあります。ストレスで、髪が抜けたり、脱毛になったりすることがありますが、それと同じで、ホルモンや自律神経バランスが崩れることによって頭皮環境も悪化することが考えられます。

 

2.頭皮の赤みを改善するにはヘッドスパやオゾントリートメントがおすすめ

 

頭皮の赤みは、頭皮環境が悪くなっているサインなので、早急に改善する必要があります。頭皮の原因は先ほどお話しましたが、血行不良もその1つです。ヘッドスパをすることで頭皮の血行をよくし、頭皮の汚れや皮脂をきれいに洗い流してくれます。またオゾントリートメントには、頭皮や髪を健康に保つ効果があります。皮膚や肌のターンオーバーが活性化されて、細胞レベルで修復できるので頭皮環境が荒れている方におすすめです。
オゾンは殺菌効果が強いため、ふけやかゆみを防止して頭皮の炎症を抑えてくれます。また酸化作用が強いので過酸化脂質を除去して、パーマやヘアカラーの持ちもよくしてくれますよ。

 

3.まとめ

 

頭皮が赤くなり始めたら、頭皮環境が悪くなっているサインです。頭皮環境が悪化すると髪に栄養が行き届きにくくなるため、抜け毛や切れ毛が多くなりますし、白髪が増えることも。
当店ではヘッドスパやオゾントリートメントなどのヘアケアに力を入れていますので、ぜひご相談ください。

 

 

 

 

関連記事

PAGE TOP